デビットカードとクレジットカード。使い方は大きく変わらないため、「デビットカードとクレジットカードの違いって何?どっちがいいの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。

ここではデビットカードとクレジットカードの違いを比較し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

デビットカードとは?クレカとの違い

まずは、デビットカードのクレジットカードとの大きな違い2つご紹介します。

  • 利用したら即時に口座から引き落としされる
  • 発行するにあたり審査がない

それぞれを詳しく見てみましょう

利用したら即時に口座から引き落としされる

デビットカードはカードと銀行口座が直接紐付けられたカードです。クレジットカードは利用すると、カード会社がその代金を一時的に負担し、翌月の決まった日に口座からカード会社へ支払い(引き落とし)が行われます。

一方デビットカードは間にカード会社が介入しません。デビットカードを利用すると自分の銀行口座から即座に引き落としされます。この決済の違いがデビットカードとクレジットカードの大きな違いです。

発行するにあたり審査がない

クレジットカードは発行する際、必ず審査があります。一方、デビットカードは審査がありません。まったくないという訳ではありませんが、現住所の確認やブラックリストに載っていないか程度の審査です。※自己破産していても、債務整理していても作れます。

クレジットカードは決済の際、一時的にカード会社にお金を立て替えてもらっていますが、デビットカードは口座から直接引き落としになります。仮に口座から引き落とし出来なくても困るのは自分だけですので、審査もなく簡単に発行できるようになっています。

デビットカードは銀行などの金融機関から発行されるカードですので、銀行口座がないと作成できません。銀行口座の残高は銀行が管理していますのでデビットカードを発行するに前に、すでに審査されているとも言えますね。

デビットカードと銀行口座は分けられない

よくある質問ですが、「今持っている銀行口座に、別会社のデビットカードを紐付けられますか?」という質問があります。これは残念ながら分けることはできません。例えば、三菱東京UFJ銀行のデビットカードを、みずほ銀行の口座に紐付けるなどです。

三菱東京UFJ銀行だったら、三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカード。みずほ銀行だったら、みずほ銀行のJCBデビットカードを利用する必要があります。

デビットカードのメリット!こんな人におすすめ

  • 自己破産していても作れる
  • 口座残高を細かく管理できる
  • 15歳からカードが作れる
  • 使い過ぎを防げる
  • 毎回お金を引き出差なくて済む
  • ATM手数料をカットできる

ざっとメリットを書き出してみましたが意外と多いです。

自己破産していても作れる

クレジットカードと違い、直接口座から引き落とされるデビットカードは審査がありません。過去に債務整理をおこなっていたり、自己破産申請をされたことがある方でも銀行口座さえあればデビットカードを作ることができます。

口座残高を細かく管理できる・使いすぎを防げる

口座に入っている金額しか使えませんので使いすぎることもありません。口座残高をきっちり管理したい方にはデビットカードは特におすすめです。

毎回お金を引き出差なくて済む

毎回現金で買い物をしている方は、現金がなくなる度にお金を引き出していると思いますが、デビットカードで支払いをすればその手間が省けますし、ATM手数料もカットできます。もちろん時間外手数料もかかりません。

15歳からカードが作れる(中学生を除く)

また、クレジットカードは高校生を除く18歳以上の方しか作れませんが、デビットカードは中学生を除く15歳以上の方であれば作成可能です。クレジットカードと同じようにインターネットで買い物もできますし、若いうちからカードが持てるのは魅力的ですよね。

デビットカードのデメリット

  • 一括払いしか使えない(分割払い、リボ払いはクレカのみ)
  • ETCカードが作れない
  • ポイント還元率がクレジットカードよりも低い
  • ステータスが上がらない(クレヒス)
  • キャッシュカード一体型が多いので無くすと大変

重要なところを掘り下げて説明しますね。

一括払いしか使えない

デビットカードはクレジットカードと違い、分割払いやリボ払いができません。分割払いを目的としてカードを作る方はクレジットカードを選ぶ必要があります。

ETCカードが作れない

また、クレジットカードであればオプションでETCカードを発行できるタイプのカードも多いですが、デビットカードでETCカードが発行できるカードは存在しません。

キャッシュカード一体型なので無くすと大変

意外と盲点なのは、キャッシュカードとデビットカードは一体型になるという点です。一枚で2つの役割を持たせるので無くすと大変です……。

セキュリティに関して言えば、インターネットショッピングならいいですが、実店舗でデビットカードを利用する場合、キャッシュカードを渡していることになりますので、セキュリティ意識が高い方にはおすすめできません。

三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードは分離型なので、一体型が嫌な方は「三菱東京UFJ-VISAデビット」を選びましょう。

キャッシュカードとデビットカードの違いについては下記で解説しています。

デビットカードとキャッシュカードの違いとは?一体型と分離型

まとめ

読み終えていかがですか?デビットカードとクレジットカードの違いはお分かりになったでしょうか。どちらのカードが良い悪いと決めつけることはできません。それぞれ目的が違いますので、人によって正解は異なります。

もちろん両方持ってもOKです。クレジットカードの限度枠を上げられなかったから、不足分はデビットカードで支払うなんて方法も考えられますよね。実際にそうやって使い分けている方は多くいらっしゃいます。自分には何が最適なのかしっかり判断したいですね。

保存

保存

保存